スケジュール紹介

  • 2013.02.05 Tuesday
  • 23:00
こんばんは、Andyです。

鷆A鷆がPIAを去って寂しい思いをしています。 
が、それもつかの間、新しい学期が始まりました!今月は僕の最終月なので悔いの残らないようガッツリやっていこうと思います(^^) 

今回は実際僕らがどういったカリキュラムをこなしているのかの紹介をしようと思います。 とりあえず時間割を見せるのが一番効果的だと思うので三ヶ月分のスケジュールを載せてみます。学校を選ぶ際の参考にしてみてください。 

ちなみにあくまで個人的なチョイスなので必ずしもみんなが同じことをしている訳ではないので悪しからず(^_^;)

 一ヶ月目:スパルタスピーキングlev.6 

 7:10~8:00  morning option class, Toeic listening 
8:20~9:10 group listening 
9:20~10:10 group listening 
10:30~11:20 group grammer 
11:30~12:20 1on1 idioms 

Lunch break 

 13:20~14:10 1on1 discussion 
14:20~15:10 1on1reading 
15:20~16:10 break time 
16:20~17:10 1on1pattern 
17:20~18:10 group discussion 

 20:00~20:50 キッピルソンspeaking 
21:00~21:50 キッピルソンspeaking 
22:00~23:30 monitoring self study

 僕は最初の月はレギュラークラスのスパルタスピーキングコースを選びました。

通常授業が8コマあって、さらに朝のリスニングでtoeic の問題を解き、夜のオプションクラスでパインスオススメのキッピルソンスピーキングをとりました。スタートが7:10、ラストが23:30、そしてさらに宿題が終わってなければそれ以上勉強するという驚異のスケジュールで死にそうになりました笑 おかげでこの月の期末試験ではスピーキング部門で一番になりました! 

ちなみに、idiom class ではイディオム数個を毎回使って例文を作ったり、会話の中で使うトレーニングを、pattern class ではイディオムより固定化された言い回しを使って同じようにやっていくということをしました。

self studyの時間は宿題をしたり先生にリーディング教材を使ってpronunciation の補強をしてもらったりしました。 

 二ヶ月目:OPIc module 

 7:20~8:10  morning option class, dictation 
8:20~9:10 1on1reading 
9:20~10:10 1on1 listening 
10:30~11:20 group language exchange 
11:30~12:20 group language task 2

 Lunch break 

 13:20~14:10 1on1 language task 1 & lexis 
14:20~15:10 1on1 odds & ends, discussion 
 15:20~16:10 group public speaking 
16:20~17:10 group public speaking  

20:00~20:50 business english 
21:00~21:50 monitoring self study 
22:00~23:00 monitoring self study 

 二ヶ月目はOPIcという韓国で導入されている英語試験に特化したモジュールコースを選びました。
ただ、目的はこのコースがよりスピーキングに特化しているということを聞いて、それが面白そうだなぁと思ったからです。特にグループクラスのメンバーが同じ目的を持っていてみんなtalkative だったので楽しめました(^^) 
Language exchangeはいわゆるdiscussion を意見の別れそうなトピックに関して行うというものです。language task 2 もdiscussion を主眼において、文法上のflexibility を鍛えるというようなものです。例えば、extreme situation (普段の生活ではあり得ない状況の話、例えば無人島に5つだけアイテムを持っていけるとしてどうやって暮らせるか、といったケース)にて、仮定法supposition (常にif + 過去形とcould,would)を使うトレーニングとかです。

language task 1 & lexis はテーマに沿って先生がどんどん質問してきてそれにどんどん答えていくというスーパー自己紹介みたいな授業です。vocabulary の補強もしました。odds & ends は好きな内容をひとつ選べるということで、スピーキング特化しようと思った僕は一番話せるdiscussion でsocial issue をガッツリと。

Public speaking class では効果的なパブリックスピーチの方法を実技を交えて(というよりメインに)習うというのと、impromptu speech(準備なしの即興スピーチ)を同時進行で行いました。学期末は前の記事にあるようにスピーチをしました。


Business English class ではresume (履歴書)を英語で書いたり、job interview を受けたり、ビジネスタームを習ったりしました。


三ヶ月目:CNN module


8:20~9:10 1on1 media lingo
9:20~10:10 break time
10:30~11:20 group this is it!
11:30~12:20 group this is it!


Lunch break


13:20~14:10 1on1 odds & ends, listening
14:20~15:10 1on1 reading
15:20~16:10 group CNN1
16:20~17:10 group CNN1
17:20~18:10 1on1 CNN discussion


そして今学期はCNNclassというニュース英語にフォーカスしたコースを選びました。今期の僕のテーマは鷆実用英語を使いこなす鷆というもので(勝手に決めました笑)、特にニュースのリスニングに力を入れようと思っています。

Media lingo はvocabulary の拡充を目的とした授業です。僕はついでに即効summarize をしたり、リーディングをしたりと欲張ったコンテンツでやってます。this is it! はニュースプレゼンの授業です。毎回、何かしらのニュースを読んで、その記事をreorganize してプレゼンするということをしています。毎回ってのがマジでキツいです…

さらに先生と生徒の前でのニュースプレゼンを二週目、四週目の二回行うことになっているのでその準備もしています。

Listening ではlistening summarize, dictation, shadowing をしています。死にます。

Reading ではBBC ニュースの音声に合わせて最初にlistening summarize, さらにpronunciation, intonation, speed のトレーニングをしています。死にます。

CNN1はリスニングのグループクラスで、これまたニュースを聞いてdictation をしています。が、他のみんながかなりハイレベルなのでついていくので必死です。今期は必然的にいっぱいニュースを読み、聞かなければならないのでオプションクラスはとらずにレギュラークラスにフォーカスしようと思ってます。


個人的にはかなり欲張りな内容に仕上がったんじゃないかなあと思ってます。他にもtoefl, IELTSなどのテストコース、面白そうなオプションクラスがいっぱいあるので選び方次第で自分のneeds に合わせられると思います。質問とかも応じますので気軽に聞いてみてください(^^)

PIA卒業。そして旅立ち! "A"

  • 2013.02.02 Saturday
  • 18:48
 JUGEMテーマ:フィリピン英語留学

こんにちわ♪
Aです。

今日で正式にPIAを卒業しました。
一昨日はグラジュエーションパーティがあり、気分的にも終わってしまったのだなあ、、
という感じです。

そのパーティの話を少しします☆
それぞれのキャンパスから先生や生徒が出し物(かなり本気)をするのですが、
今回はスピーチやダンスに加えて、マジックや歌などもあり、
かなり充実していました。

エキスパンディングの代表として、親友のJimmyがスピーチしました!
「勉強すること、英語を話す事を楽しむ。」
「目的を失わない。」
「先生達を信頼してついていく。」
など共感できることが多く、力強いスピーチでした。

スピーチの最後で
「・・・ありがとうございました。特に、Larry, A, My future husband, Scoop, Really thank you」とJinnyが僕の名前を上げてくれた時はよくわかりませんが涙が出そうになりました。

本当 に素晴らしい友達に出会いました。(スクープとジミー)



パーティの最後に先生方と写真を撮っていると、一人の先生が涙目で、
"This is unfair. why didn't u tell me that u wold leave PIA?"
と何度も言ってくれた姿には心を打たれました。
生徒として愛されているのだと実感でき、嬉しかったのと同時に、
本当にPIAを離れるのが寂しくなりました。。

素晴らしいパーティでした。


少し固くなって申し訳ありませんが、
僕が4ヶ月のPIA生活で学んだ事を書きます。

国籍、言語、文化、宗教、肌の色、夢、価値観、性別、歴史、教育、経済環境など
国際社会では"違い"が本当に沢山あり、
時にはその"違い"達にはっとさせられたり、寂しくさせられたり、、、
よく考えれば当然の"違い"を、
尊敬しつつ理解、受け入れることの難しさ、それには何度か悩まされました。
(もちろん日本人同士であっても、ですが)

根強く僕たちの心理に居座る"常識"という名の頑固な概念、
時にそれを壊すことは簡単なように思われますが、
"壊す"ことに要する心理的成長は決して容易では無いと感じました。

そして"常識"というめがねを外した時に近視、遠視が回復する、というような逆説的真理とその素敵さを僕は学びました。
言い換えると、自己分解から再形成へのリアルな変化への挑戦とその面白さと言ったところでしょうか。

また、もう一つ学んだ大切な事、(英語は当たり前なので割愛します)
それは、僕たちが感じざるを得ない巨大かつ膨大な差異の存在にも関わらず、
「僕たちは愛し合える」ということでした。
愛という少し大げさな言葉も、あながち言い過ぎではないように思われます。

ジニー(韓国人でスクープの彼女)が親友として僕の名前をあげてくれたこと、
ガーナ先生が涙ながらに僕と写真を撮ってくれたこと、
他にもラリーが、「兄弟!A-sukeは僕の初めの日本人の親友だ。君が発ってしまうのが本当に悲しいけど、君に出会えとことに大きな幸せを感じるよ。忘れないで欲しい。僕も君のことを忘れない!」とメールをくれたこと。

PIAで過ごした全ての時間は愛で満ちていました。

僕はこの経験を決して忘れません。


今日の深夜1時、僕はマニラへ行きます。
マニラ→シンガポール→タイ→ラオス→カンボジア→ベトナム
と一人旅をしようと思います。

以前ではあり得ない旅ですが、
今ではPIAで学んだ英語を杖になんとか楽しんでこようと思います(^^

約二ヶ月間、僕のブログを読んでくれてありがとうございました!

僕のブログが、アカデミー選びの指標として少しでもお役にたてば光栄です。

重ねてお礼申し上げます(_ _)ぺこり

ではまた(^^

(写真はいっぱいとったのですが、ラップトップとのコネクターを日本に忘れてしまったので、まだUPできません。
ということで、帰国してから、もう一記事書きたいと思います。可能なのかな?笑)

(けんじさん、ジャスミンさん、本当にありがとうございました!!またどこかでお会いしましょう!)



100 ISLAND "A"

  • 2013.02.01 Friday
  • 17:54
 JUGEMテーマ:フィリピン英語留学

こんにちわ♪
Aです☆

今日は先々週末に行ったハンドレッドアイランドについて書きたいと思います。
PINESは平日外出禁止ですが、旅行届けを出しておけば、金曜日の夜中二時(正確には土曜日の早朝)から外出できます。(最終週金曜日は授業&テストが終わり次第外出できます♪)
今回はそれを利用して、僕たちは2時からハンドレッドハイランドに向かいました。



こんな感じで一台貸切って、、(写真は昼ですが)


朝5時に到着!(写真は明るいけど、その時はまだ暗かったです)

3時間程休憩して、、


ボート乗り場へ、(ハンドレッドアイランドへはここからボートで向かいます。)


ボート乗り込み!


この兄ちゃんがボートを動かします。
(始めはこいで〜あとはモーターエンジン)


この場所は僕の特等席に! 海はエメラルドグリーンです。


こんな感じで島と島の間を通ります。
神秘的で魅力的でした♪

僕はここが大好きになりました!


一つの島に上陸!
島の看板になぜか"ISUZU"。



島の上に上がって写真を眺めを堪能。
う〜んミステリアス。

それから、ビーチで遊んで、シュノーケリングをして、、

ペンションへ戻りました。

僕とラリーとネイトは買い物へ行きました。

帰ってから、少しやすんで、飲みながら食事の準備!



スクープ、ラリーが中心となって、食事準備。



僕は買い物で購入した牡蠣を洗って準備しました。
この量で120ペソ(240円!)安い!


早速食事、、(この二人がラリーとネイトです(^^

献立は牡蠣、サムギョプサル、海藻(海ぶどう?)、魚4匹、ご飯、キムチチゲとかなり豪華でした。
どれもこれも新鮮で凄くおいしくて大満足でした!

食事の後はみんなで飲みながら語ったり、歌ったり、、
「10年後にニューヨークで再会する!」
という約束をしました。


いいタイミングを見計らってこのカップルにカップルTシャツをプレゼント!

この二人はオーストラリアで市民権を取るためにIELTSを勉強しにきました。

二人ともクールでいいやつなので本当に大好きです(^^
僕たちはいっつも一緒に遊んでます♪

この二人はオーストラリアに住んでただけあって、
英語がとても達者です。
この二人のおかげで、僕の英語も上達しました♪

ゆっくり語ったあとはゆっくり寝て、帰路についたのでした。

ちなみに僕は常に日向にいたため、一日で真っ赤に。。。笑



今皮がむけています。笑


この旅行は思ってた以上に充実していて、本当に楽しみました!!

一緒に行ったメンバーに本当に感謝です。。

では今回はこの辺で♪♪

Graduation!

  • 2013.02.01 Friday
  • 00:28
Hello, I'm Andy.

 Today, we had a graduation party of our evening option class. Now, we are on the end of the month and we have lots of parties. 

Today's party is one of them. We, business English class, guitar class, survival English class, movie English class and pronunciation class students gathered in a class room and held it. 


As I mentioned earlier, we study business terms, how to behave in the business situation, how to write a resume for a job application and so on in a business English class.

 In a guitar class, they learned how to play the guitar in English from teacher Gary, who is really really good at singing and playing the guitar. 

Survival English class students learned the useful lines in emergency situations and when they go abroad.

 In a movie class, they did dictations of English movies. Movie English is very fast compared to other situations, so if you could keep up with it, you could achieve great skills. 

What's the hell but in pronunciation class, they experienced the real hell. They receive some tongue twisters and they had to read as fast as possible and precisely. Sounds so hard but I think this class is much helpful for us, especially who have strong Japanese accent. 

So now I'm considering to take this class next term.


In our graduation party, we watched teachers singing, guitar class members playing and each class representatives speeches.

 I also delivered the speech but I didn't prepare at all so my speech became mess;p 
Even I mistook many things in my speech, they laughed and we had a good time. I like this atmosphere. We know that we are just students and still our English skill have much room to improve. 
So they, teachers and students, respond our activities with full of hospitality. Even if you feel you don't have enough courage, why don't you join us? You can feel to have a great comfort and a sense of relief.
 Anyway I'm satisfied with this month again. I'm looking forward to taking a new class next month! 


 あと、鷆A鷆の言ったとおり、僕らはOPIcクラスの学期末アクティビティとしてPUBLIC SPEECHをしましたので、その動画とscript をアップしようと思います。


 Karate spirit (public speech)


Hello, guys. I'm ANDY. Today I'd like to share to you about Karate spirit. Do you know karate? Karate is one of the Japanese original martial arts and we don't use any weapons, just our arms and legs like this. (show the style for a while)


I have done karate for nine years and now I am a black belter. So when you tease me, be careful. Haha, just a joke. There are some purposes to start karate or other martial arts, for self-protection, strengthening oneself, just for fun and so on. In my case, when I started training karate, I was just six years old and I was very short and really weak. At that time I fought against a bully in our kindergarden but I was completely defeated. I wished to become stronger and decided to enter the karate club. However after my training in karate, I learned the karate spirit and noticed that my first motivation was a mistake.


First, if you start karate, never use your karate technique to ordinary people. Yes, so never. Your punch and kick have already become strong weapons and if you use them, it's totally unfair. It's our strictest rule. You should use it only for protecting weak people not to show off your power. In my case, as far as I can remember, I've never fought with someone after I learned karate trainig. I kept silent and patient even if I was bullied or abused because it's better that I got hurt and injury rather than I gave them injury. Even if I got injured to die, I shouldn't use it. Can you imagine that? But it's our virtue.


Second, this is a very interesting fact about karate fighters. That is, the stronger a karate fighter becomes, the softer he becomes both in his fighting style and in his mind. Here, I have two stones. (showing them, one is rough and the other is smooth). You can find rough and sharp stones in the upper of the river. On the contrary, you can find these smooth stones without any corners in the lower of the river. Karate is similar with this example. At first I thought, We need strong punch to beat opponents, like this stone(show a rough one). On the other hand it was a misconception. Through the training, our rough parts like these corners(showing rough one) will decrease and gradually become smooth like this(showing smooth one). After several years since I started, I noticed that my fighting style became more flexible and not aggressive any more. Plus I realized that I became more confident but also more humble and calm. If we become much stronger, we don't need to be serious or aggressive because we can find comfort and security in ourselves. Like my masters who had a lot of experiences, matured karate fighters have a great comfort in their mind and they don’t think life is just all about winning.


Now you can find that my first purpose was a mistake. I cannot use my "weapons" to fight against people such as the bully I mentioned earlier. Rather than thinking this way, it would not matter anymore, even if I was abused or ridiculed. this is the karate spirit (generally speaking). I heard other martial arts also have similar spirit. If this spirit spreads over the world, our society will become more peaceful and full of humility. I hope I can be helpful to make that society through karate spirit. Thank you for listening.

OPICパブリックスピーチ! A

  • 2013.01.31 Thursday
  • 18:49
 こんばんわ♪Aです。
こちらは今6時です。

昨日はスピーチデーでした!!
僕たちOPICの生徒はプレゼン形式ではなく、口頭のみによるスピーチでした♪

授業中にも関わらず、他のクラスの生徒達や先生方が沢山見に来てくれました!
40人くらいでしょうか。


授業中以外にも練習した甲斐があってしっかり終えることができました(^^

僕のトピックはマザーテレサの言葉

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

を引用して、「ポジティブになりましょー!」というようなちょっとありきたりな内容でした。笑

それにもかかわらず「良かった!」と言ってくれる人が多くて自信につながりました♪

加えて、聞いてる人の反応に合わせて軽くアドリブとかいれられるようになった点もまさに日々のスピーキングトレーニングのおかげだなあと実感したのでした。

終わったあとは、OPICクラスのクラスメートと先生のアイミーと写真大会☆



とても仲良しなクラスなのでした♪
卒業したら絶対恋しくなるのだろうな〜(><

正直日本帰りたく無いです。。。
PIAは僕にとって家のようなもの。。。

く〜〜!涙



今日はもうひと記事書きたいと思います。

ではひとまず、、、僕のスピーチのスクリプトを紹介してお別れ(^^



           Thoughts Are Destiny
 
     Hi, guys. How are you doing? My name is Eisuke Wakai, from OPIC class. I’m from Japan.
      First of all, I’d like to share one quotation from Mother Teresa. That is, “Be careful of your thoughts, for your thoughts become your words, for your words become your actions, for your actions become your habits, for your habits become your character, and for your character becomes your destiny.” In short, our thoughts are equal to destiny. She told us that a piece of idea in our heads forms our lives. Hence we should have good thoughts for our good destiny. Then what are good thoughts? In my opinion, they are positive mindsets. If you have positive mindsets, positive destiny will lead you to beautiful life.
     How can you have a positive mind? There are two possible ways for us to keep our positivity. First, seeing, listening and reading only what makes you positive. In fact, it means those things can be something that you want to do. If you avoid what you don’t want to face, you can keep your positivity. But as you know, it is not always possible to escape what you dislike.
      So I’d like to recommend you the second way to keep a positive mind. It is, “change your way of thinking, and find good aspects in anything, any situation, and anyone, instead of seeing bad aspects.” It’s a kind of training. So you should always keep it in your mind. If you face a problem that annoys you so much, you should try to think about the merit of facing the problem.
     For instance, let’s say you are broke, and nobody gives you allowance. Maybe you will think “I can’t hang out, drink, go to club or even date, isn’t this sad?” But you can look at it in a different way by thinking that it’s high time to notice the importance of money, and saving. Or it is also possible to think, “I can concentrate on studying.” In another case, let’s say your friend always complains about your personality. Maybe you think, “He is so tactless that he hurts me. That’s why we shouldn’t be friends anymore.” But in a positive side you can think, “He is so honest that he can point out my bad personality, and thanks to him, I can improve myself more. That’s why he is reliable, and I should value him.”
     To conclude, you should have positive mindsets to have a great destiny. To have positive thinking, be conscious of finding good elements in anything. Then actively put your positive mind into words. After, walk your talk which means “put your words into action.” If you follow these, rain or shine, your life will be wonderful and joyous. REMEMBER, Good thoughts would provide you with a great destiny. Thank you so much.



ハイキングに行って来ました! A

  • 2013.01.29 Tuesday
  • 21:47
 JUGEMテーマ:フィリピン英語留学

こんばんわ。 Aです!!

先週日曜日、先生3人、日本人学生3人、日本人スタッフ1人、韓国人学生1人で、
バギオで一番高い山、ミッキーマウスマウンテンにハイキングしにいきました(^^

ハイキングと聞いてまず思い浮かべたのは、、、
ゆっくり楽しく歩いて、弁当でも食べて、おしゃべりして、、というようなイメージでした。

しかし、、


実際はというと、ほとんど道無き道を歩く登山!といった感じでした。
Jocelyn(先生)に「想像してたのと全然違う。。最早ハイキングでもなんでもないよ。」
と言ったところ、「これが、フィリピン流!」と一蹴されたのでした。笑


途中でナンドか休憩を取りながら、、


頂上に着いてから、先生のオススメスポットへ。。。


とても景色のいい岩場でブランチを取りつつおしゃべりしたり、写真を取ったり、、


その後は洞穴へ、、、


そして霧の凄い道を通って、、


ダムに行ったのでした!!

このダムは水が抜かれていて、中に入れました。
霧が凄くてとっても神秘的でした♪

写真は無いのですが、フィリピンの子供達がここで遊んでいて、
フィリピンの力強さを感じたのでした。

この後は1〜2時間かけて、山をおりて、牧場に行き、生のヨーグルトを飲みました。
新鮮でとてもおいしかったです♪

その後グッドテイストというレストランで食事を取り、楽しく解散しました。

正直きつかったはきつかったですが、留学中で一番の思い出になるくらい楽しかったのでした♪♪

一緒に行った先生のジョセリンは僕のライティングの先生でした!!
皮肉的な冗談が好きな先生で、凄く良い先生です(^^


帰り際もう会えないかもしれないと思うと涙が出そうになりました。。

えっなぜかって?
色々考えて、今月いっぱいでPIAを卒業して、タイやカンボジア等にバックパッカーで行く事にしました!!

英語の能力はかなり上達したと思うので、他の国で実践して、実際に色々見てみたいと思ったのがその理由です。

というわけで、僕にはもう一週間も残っていません。。。

4ヶ月いたので、思い出が沢山あり、卒業するのはとても寂しいです。

僕に取ってPIAは本当に良い環境で、天国のようでした(><

あと少しですが、全力で勉強して全力で楽しもうと思います!!

では今日はこの辺で♪♪

Saturday Night!

  • 2013.01.29 Tuesday
  • 00:47
Hello, I am ANDY. 

This time I tried to write a blog in English for improving my skill and for my foreign friends. 
So, you, guys checking this blog, also try to read it:)
 Last Saturday l enjoyed a lot of activities. First, as usual I joined badminton club that my teachers held every Saturday. 

I once wrote about this activity in this blog, but at that time, the student was only me. Then this time I invited my Korean friend, Lee. 
He looked a little bit chobby and didn't look good at playing any sports. 
But on the contrary, he's played badminton for more than five years and was really god at doing! I never expected it, and was surprised so much! 

After that I met cute little girls,Fane and Samantha, in our hotel. They are relatives of the manager. I haven't seen them but after short conversation, we became friends soon.
 Even they were much younger than me, they looked mature in their mind because they liked chatting about romance and love. 

When I was in their age, all my mind was avoiding homework or something like that. Now they, younger generations are growing up earlier, I thought. 




 The guy in this picture is "K". He is a japanese student and I got friends with him this time. On the contrary to these girls, he looked very young but older than me. Wow so surprised! 


 After chatting, I went out with my Korean friends of business English class. Actually it was the first time to join in Korean students' group alone. 
So I was very excited because it was a good chance to know Korean culture. Do you know? In Korea, when they drink, they usually do in shot together. Because they usually do that, both Korean men and women are very strong when it comes to drinking. 

I was so light drinker that soon I got drunk with "soju",Korean most famous liquor.  (I learned it after coming here. "Soju" is kinda spirituous, so it's strong and similar to japanese "sho-chu". )
 




They are my friends. 
We went to a modern bar at first (sorry, no picture), then played bowling, and went to Korean restaurant. 

I was so exhausted but also satisfied with my happy Saturday!

クラスの様子 3

  • 2013.01.25 Friday
  • 00:29
こんにちは、ANDYです。 

今日は僕が今月とっているビジネス英語というオプションクラスの紹介をしたいと思います。 

ビジネス英語のオプションクラスとは、その名の通りビジネス関係で今後使うことになるであろう作法や用語を英語で習うというようなものです。

 通常授業が終わったあとの夜8:00から開講しています。 
普段の授業ではビジネスで使う頻出用語、熟語を習ったり、最近では英語でのレジュメ(履歴書)の書き方を習ったりしていました。

 日系企業だと総合職とか一般職といった分け方が一般的なので、始めに自分で仕事のポストを決めるような機会は少ないですが、欧米系の企業ではpromotion もあれど日系のように社内の職を転々とするようなことは少ないのでposition desired (希望のポスト)がとても重要になってきます。 
僕もthe chief executive of the legal department (≒法務部長)とか調子にのって選んでレジュメを作りました(^^) 



ちなみにこの輝かしい経歴はフィクションです笑

 また、面接で聞かれるトップ10の質問!みたいなものを使って、"What is your strongest point?"といった就活対策とかもしています。 

Your weakness(弱点)については、鷆ホントの弱点は隠しておいて、長所を「いきすぎるとよくないね」といった形(例:仕事熱心すぎてたまに周りが見えなくなります)で表現しよう鷆といったような日本の就活セミナー的なこともやって、セミナーなんか全然行ってない不肖を埋め合わせたりしました(^_^;) 


ちなみに今日はjob application  interview (就活面接)を想定して、三人の先生の前で模擬面接を行いました。


彼はクラスメイトのJin。


めっちゃ緊張しています笑 

先生もなんだか熱が入ったのかかなり厳しめに
 "How did you deal with that problem you faced in the last company?"とか 
"Why should we hire you? " implying ("What advantages do you have compared to other applicants?") 
なんて聞いてきてかなり受け答えに困りました(^_^;) 

とはいってもフィリピンでは大学カリキュラムを20歳で終えることができ、その歳から働けるようになるのでPIAにも若い先生がそこそこいますが、 彼らは既にこうした経験を僕の年齢より前に潜り抜けているんだなあと思うと、自分も早くメンタル的な部分で大人にならなきゃなと思ったのでした。

最近は時間があっという間に過ぎてしまってもうすぐ週末だとは考えられません(^_^;)

それじゃあそろそろ寝まーす、おやすみなさい。

フィリピンでの食事 A

  • 2013.01.23 Wednesday
  • 01:04


こんばんわ。 Aです(^^

今日はフィリピンの食事を軽く紹介します!
(デジカメのコードを忘れたため、汚い写真しかアップできないのが申し訳ないです。)

フィリピン人に人気のファーストチェーン店のなかでも、フィリピンらしいお店!
それが”Inasal”です!
このお店のメインはチキン! 足か手羽先か選び、料理が運ばれるのを待ちます。 
じゃーん!! こちらは”足”のほうです。
日本でもも肉というと、骨一本というイメージですが、フィリピンでは胸まで含まれちゃいます。 かなりのボリュームで味もおいしいので病み付き必死です(^^
ボリュームといえば、ごはんがおかわり自由で、スープもついてきます。
店員さんが店内を回って、ごはんを配る姿は味わい深いものがあります。

加えてこのお店の特徴はザ・フィリピンスタイル!!
なんと、手で食べるのです!
チキンはもちろんごはんまで!!
最近はアメリカナイズドされてきて、スプーン、フォークを使う人もいますが、大半の人が手を使って食べています。
僕も挑戦しました!!
「はしの使い方」のような感じで、「手の使い方」みたいのが存在するのですが、
なかなか難しくて、まだまだ練習が必要だと感じました。。

値段はチキン、ごはん、スープ、飲み物で200円とかなりお手頃です。


次に紹介するのわ〜、、

1 Day Old チキンです!!
こちらは有名なストリートフードです。
生まれたてのチキンをすぐに殺生して、串刺しにされた三匹のチキンを丸ごとあげて、ビネガーをつけて食べる、という残虐に感じてしまう食べ物です。
(写真はくしから外してあります。)

味はというと、意外とおいしい!!
頭から足まで丸ごと食べます。
油であがっているおで、骨までなんなりと食べれます。
内蔵がたっぷりで、少し苦いですが、丸ごと一匹食す感は他では味わえません。

見た目はグロテスクですが、味は保証します!

これもフィリピンの文化!!
せっかくフィリピンにいるので、フィリピンの文化にはがんがん挑戦しています。

値段はというと、全く覚えてません。笑
それほど、安いです。
三匹で20円とか??
安い!

実際外資系の食べ物(マック、ケンタッキー等)で食事をすると日本と変わらないくらい野お金がかかってしまいます。
僕はこれからもフィリピン特有の食べ物に挑戦し続けることで、節約しようと思います。笑

今回はこの辺で(^^

おやすみなさい♪

サガダ洞窟行ってきた!

  • 2013.01.22 Tuesday
  • 00:52
こんばんは、ANDYです。 
先週はバギオシティから少し離れたサガダ洞窟っていうところへ行ってきました! 

サガダ洞窟はフィリピンのルソン島北部にあるフィリピン随一の観光名所(らしい)です。(僕は全然調べずに友達に任せっきりでした笑) 

バスに数時間揺られてくたくたになりながら、到着。
 現地でガイドさんを雇って出発です!(サガダ洞窟では洞窟内に灯りが一切ない、かつ迷路みたいに入り組んでいるので現地でランタンとかちゃんとした装備を持ったガイドさんがいなければ入れません。) 



 入り口はこんな感じ。アドベンチャー系の映画に出てきそうです。
 洞窟の中はというと……思ったより広い!鍾乳洞でゴツゴツしてる!結構簡単なんじゃね?
 


ってなfirst impression は早々に打ち砕かれて、どんどん狭くなっていくし、泥みたいなのが増えていって歩きにくいし、めちゃ急な崖っぽいところ登るしキツーっ!ていう感じに早変わり。おまけに、奥にいくとコウモリがどんどん湧いてきて一行はパニック状態! 

 誰かが、コウモリに噛まれたらマジやばいよ的なことまで言って不安を煽るし、途中で二つあったうちの片方のランタンは壊れて使い物にならなくなるしで女性陣は半泣き状態でした(^_^;)

 僕含めた男性陣はというと、日本や韓国じゃこんな危ない洞窟入れないだろうしアクシデントが重なってむしろexcitedだったので、彼女らをからかったりして終始楽しめました! 



ただよくある話ですが、洞窟の中の泥って単なる泥じゃなくて、ほとんど全部コウモリの糞なんですよね(^_^;) 
僕は洞窟探検の途中で知ったんですが、友達の一人はパインスのホテルに帰ってくるまで気づかずに、洞窟の中では鷆泥鷆をこねて丸めて鷆泥だんご鷆作って投げたりしてたんでガイドさんから彼はcrazy だねとか言われてました笑 


 何はともあれ、いい息抜きができました(^^)
 今週も英語レッスン頑張りますよー! 

一言メモ 
タガログ語だと 
コウモリの鷆糞鷆とかを全般的に鷆tae 鷆っていいます笑
 全国の鷆たえ鷆さんすみません笑m(__)m

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM